簡単に「考え方を変えろ」と言いますけど

統合失調症の僕

本日もこのBlogにお越しくださってありがとうございます!!

先日は僕の人生経験をそれはもう存分に語らせていただきました!!笑

おかげで少しスッキリ!!

少し体調も良くなり、今もこうして書かせてもらってます。

今日はうつ病や精神疾患になってる人が(まあ誰でも言われるか)言われがちだなと言う言葉「考え方を変えろ」という言葉について、僕の考え方を言わせていただきたいと思います。

僕もそりゃまあ散々言われてきました!!

特に統合失調症になってニートで引きこもってたときには特に!!

そりゃあなたは社会に適応できて!ちゃんと働いてて!なに不自由なく生活できてるんだから、その空間にダークサイドにいる僕が目障りで変えたくもなるでしょうよ!!

といつも言われるたびに思ってました。

そんな簡単に考え方がプラス思考になんか変わらないんですよ!!

でも人の考え方って不思議なもんで、マイナス方面には簡単に変わってしまうもので、しかもどんどん深くどこまでも沈んでいけるんですよ!!

僕も統合失調症になったばかりの時は大量に精神薬を飲んで(通称:OD)簡単に言うと死のうと思って、自殺未遂を何回もしてたんですよ。

救急車で運ばれて3日間ぐらい意識が戻らなかったときもあります。

生きてる理由が「死ねないから生きてる」というものになり、今思えばかなり闇落ちしていたなと思います。

友達にも死ねなくて辛いと言いすぎて、仲の良かった友達も離れていきましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました